お役立ちコラム:テレアポ業務効率化、通信費削減

お役立ちコラム

通信料を簡単に削減できるのが「秒課金」

コールセンターを運用していると、月々の電話の料金明細に

 

  • 以外と運用コストがかかっている
  • 通信料が高額になりすぎている

 

と感じることはありませんか?

 

コールセンターのランニングコストは、電気代や人件費以上に通信料が圧倒的に高額になりがちです。

こちらでは通信費が高額になる理由と圧倒的にランニングコストを下げられる方法をご紹介します。

 

costcut-byokakin-2

 

 

【コールセンターの電話料金が高くなる理由】

 

コールセンターを会社内に設置して運用する場合、テレアポがコール活動で成果を出すためには1件でも多くコール先へアプローチしてほしいもの。

しかし電話をかければかけるほど電話代や通信料金が高額になりジレンマに陥ることもあります。

 

通常固定電話から固定電話をかけると区域内なら3分で約10円、距離が遠方になるほど料金が高くなるように設定されています。

そのため電話をかけてつながるだけで料金が発生して通話料金が高くなる仕組みなっているのです。

 

ところがコールセンターの実に8~9割の電話は「電話番号不通」「不在(留守番電話も含む)」「取次ぎ拒否」「ガチャ切り」など30秒以内に会話が終了してしまう電話がほとんどです。

 

リストにある遠方の顧客へコールしても、数秒で終わってしまう会話であっても結局料金設定が時間で決まっているので、1分話しても30秒話しても同じ金額で通話料が発生してしまうのです。

 

 

【通信費を抑えるために運営会社がすべきこと】

 

コールセンターでは通信費を抑えるために、人件費を削減するのは実はナンセンスです。

離職率が高く、人が定着しにくい職種であることから、長く勤めてもらえる人材はコールセンターにとっても有益だからです。

コールセンターで成果が出せる優秀な人材は、ある程度電話をかけることに抵抗がなく、電話での会話に慣れている人やパソコンの入力スキルが高い人材が適しています。

リソースを少なくすることで、テレアポへの負荷が高くなってしまいます。

 

そこで通信費や電話料金など削減効果を検討するならまず以下の点から見直すことが大切です。

 

  • 固定電話からIP電話に変更する
  • 「秒課金」にする

 

 

【秒課金で通話料金が安くなるポイントと注意点】

 

秒課金のシステムを導入すると話した長さに合わせた料金が発生する仕組みになっています。

固定電話で3分間分の料金を支払っているなら、秒課金の圧倒的なコストダウンが見込めるようになります。

 

ただしこの秒課金の仕組みを取り込むのはあくまでもテレアポやコールセンターのみに限定することが大切です。

バックヤードのコールでは、付き合いのある取引会社や遠方の会社と会話することが想定されるので、「秒課金」のシステムでは反対に電話料金がかかってしまいます。

 

総務や人事などのバックヤードの電話とテレアポの電話は別ものとして検討することが大切です。

 

 

【ドリームコールスーパーで運用コストダウン】

 

ドリームソリューションの「ドリームコールスーパー」はコールセンターの課題である「電話料金のコスト削減」におすすめです。

 

ドリームコールスーパーは、大手通信キャリアとコールセンター業務法人が共同で開発したシステムなので、営業(テレアポ)やコールセンターに最適なシステムです。

「課金単位を1秒に設定している」ので、通信料を大幅に削減することが可能になります。

 

実際に「通信コストが90%削減できた」という導入企業様もいらっしゃいます。

 

  • 今使っている通話料金や通話システムが良くわからない
  • どのくらいコスト削減できるか知りたい

 

という方には無料シミュレーションやコンサルティングで御社に合った料金体系や最適なプランをご提案いたします。

 


▼お気軽にお問い合わせ下さい。

各種サービスのお問い合わせはこちら

無料シミュレーション・コンサルティングはこちら

アーカイブ

Dream Solution

  • 通話料金シミュレーション
  • ドリームコールスーパー
  • お役立ちコラム

電話番号

電話番号

お問い合わせ

PageTop