通信費削減・秒課⾦電話サービスのドリームソリューションによるお役⽴ちコラムメイン画像

お役立ちコラム

コールセンターのコスト削減~通信費コンサルティング~

社内でコールセンターを立ち上げるとき、ランニングコストについて検討することもあるでしょう。

人件費や機器のレンタル費用はもちろんですが、意外と大きなコストがかかるのが電話料金です

 

営業活動をするとき、多くのコールセンターでは行動指標としてKPIが設けられます。

KPIを達成するためには、ある程度の架電数が求められます。

固定電話でコールする場合、当然のことですが架電数が多ければ多いほど電話料金が上がってしまいます

 

こうした電話料金のコスト削減をするには、どのようにすれば良いのでしょうか?

tsuushinhi-consulting

 

 

【コール活動で最も多い電話の内容は?】

 

一般的なオフィスの電話で料金がかかるのは「国際電話」や「会話時間が長いコール」、「固定電話から携帯電話で会話した場合」というイメージがあります。

しかしコールセンターで最も多いのは、「留守番電話」「担当者不在」「取次拒否」「不通」という、まったく会話をしていない電話なのです。

こうした通話はほとんどが30秒以内の短い時間で終了するもので、実にコール活動の8割を占めています。

 

一般的な固定電話の料金プランは、通話に対して3分ごとに料金が課金されます。

つまり会話をしていない2分30秒に対しても料金を支払わなくてはなりません

例えば3分8円の料金プランだった場合、1回のコールで3分間会話をすれば1回の通話料金は8円で済みます。しかし、30秒未満の会話を6回架けた場合、通話時間はトータルで3分だったとしても、料金は6倍の48円を支払わなくてはならなくなるのです。

 

コールセンターでテレアポを複数人配置した場合には、これらの通話料がその分増加し、ランニングコストがどんどん膨れ上がってしまいます。

だからと言って人員を削減してしまえば、営業成績が下がってしまいます。そのため、通話にかかる料金を見直す必要があるのです。

 

 

【どうすれば電話料金プランを安くすることができる?】

 

料金プランを秒単位のものに見直し、短い電話は通話した時間分だけを支払うことで、通話料金をぐっと下げることが可能となります。

導入した企業様で実に最大90%の通話料を削減することができた実績があるのが、弊社の秒課金サービス《ドリームコールスーパー》です。

 

コールセンターでは30秒以内の短時間通話が多いという特徴に合わせ、課金単位を1秒に設定しているため、実際に支払うのは通話した時間分だけで済むので、通話にかかるコストを大幅に下げることができます。

 

 

【貴社にあった通話プランをコンサルティング】

 

ひとくちにコールセンターといっても、企業や業種によって不在電話や取次拒否、ガチャ切りなどの割合は変わってきます

他社とは違う方法を取り入れ、工夫してコール活動を行っている企業も多いと思います。

例えば取引先やお得意先だけに電話を架けて、顧客へのサービスやニーズを確認するという方法を取っている企業もいます。

このような電話の場合には、会話ができるコールが増えて通話時間も長くなりやすいことから、秒単位の課金プランだと反対に電話料金が高くなることも考えられます。

 

弊社ドリームソリューションでは、企業様の現在の通話状況をヒアリングして、実際にご利用の電話料金の明細から、企業様に合わせた最適なプランをご提案いたします。

お客様と直接お話しさせていただくために、全国どこにでもお伺いさせていただきます。もちろん無理な営業は行いませんので、ご安心ください。

 

 

【コールセンターの最適化を支援】

 

弊社ドリームソリューションでは、料金プランだけでなく、CTIやIP電話などの取り扱いがございます。

ランニングコストの見直しやコールセンターの最適化を考えている企業様に向け、さまざまなプランをご用意しています。

コールセンター新設のレイアウト設計から配線・什器手配まで、弊社で一本化して承ることも可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

 

 


▼お気軽にお問い合わせ下さい。

各種サービスのお問い合わせはこちら

無料シミュレーション・コンサルティングはこちら

アーカイブ

通信費削減・秒課?電話サービスのドリームソリューション

  • 通話料金シミュレーション
  • ドリームコールスーパー
  • お役立ちコラム

電話番号

電話番号

お問い合わせ

PageTop